審査で落とされてしまう意外な理由とは?

キャッシングの審査で落とされてしまった場合、その理由を教えてくれることはないので、自分では全く気付かないような意外なことが原因になっている可能性があります。

その意外な原因として近年多いのが、携帯電話料金の未払いです。

キャッシングの審査では、必ず信用機関を利用して、現在や過去の借り入れ状況のチェックを行います。

この信用機関には、消費者金融系のJICC、クレジットや信販系のCIC、銀行系のKSCの3つがありますが、携帯電話の料金は利用しているキャリアによって、JICC、もしくはCICの信用情報として扱われています。

おおよそ3ヶ月以上に及ぶ滞納がある場合、いわゆるブラック情報としてそれが記録されてしまう為、これによってキャッシングの審査で落とされてしまうことがあるのです。

キャッシングやクレジットカードなどの返済が遅れると大変なのは分かっていても、携帯電話料金についてはそれほど重く考えていない人も多いかも知れませんが、これも立派な信用情報として扱われているのです。

この携帯電話料金の滞納でブラック情報が載ってしまうと、最低でも1年間、場合によっては5年間のも間、それが残ってしまいます。

審査で落とされてしまった原因が他に何も思い浮かばない場合、過去に長期に渡る携帯電話料金の滞納があったかどうか思い出してみてください。思い当たる節がある場合、それが原因かも知れません。

その他にも、公共料金の支払いをクレジットカードでの引き落としで行っている場合、これを滞納すると、CICの信用情報にそれが記録されてしまいます。これも意外と気付きにくいので、支払いをクレジットカードにしている場合には注意が必要だと言えます。

関連記事

このページの先頭へ